唯一無二

「唯一無二」

白い鳩

 

あの人も・・・

 

 

この人も・・・

 

 

皆 私と同じように

 

 

色んな想いを持って 生きている・・・

 

 

皆 それぞれに その人だけの運命を持ち

 

 

それぞれの 苦労や悲しみを背負っているのだろう・・・

 

 

 

 

この世界には 同じ人間でも

 

 

肌の色が違ったり 話す言葉が違ったり 色んな人種が存在している・・・

 

 

鳥や動物も 木も 花も それぞれに 数えきれない種類がある・・・

 

 

 

 

そして 同じ種の仲間でさえも又 一つ一つが それぞれの個性を持ち

 

 

この世界に決して 同じものは存在しない・・・

 

 

 

この世界の 全てのものが 唯一無二・・・

 

 

 

あの 愛する人も・・・

 

 

この 憎ったらしい人も・・・

 

 

そして こんな私も・・・(≧∇≦)

 

 

 

 

みんな みんな 唯一無二の存在同士・・・

 

 

その 唯一無二の存在同士が 関わりあって

 

 

それぞれの 唯一無二の人生を 泣き笑いしながら歩んでいる・・・

 

 

あの人も・・・

 

 

この人も・・・

 

 

そして こんな私も・・・

 

 

 

 

 

 

生きた屍(しかばね)

「生きた屍(しかばね)」

 

雪景色、ポンちゃん

 

病院の ベッドの上で

 

 

身体のあちこちに チューブを入れられ

 

 

貴女は 今 生きた屍(しかばね)となって 横たわっている・・・

 

 

 

貴女の脳が 壊れてしまった・・・

 

 

 

貴女の 底抜けに明るい笑い声も

 

 

貴女の 屈託(くったく)のない 楽しいお喋(しゃべ)りも

 

 

貴女から 消えてしまった・・・

 

 

 

名を幾度呼べど 貴女は眠ったまま・・・

 

 

僅(わず)かな余命を宣告され

 

 

病院のベッドの上だけで 貴女は生きている・・・

 

 

 

 

食べ物を口で味わう事も出来ず

 

 

花や 季節の風景を愛でる事も もう出来ない・・・

 

 

 

 

身体のあちこちに入れられたチューブが

 

 

貴女の 逝(い)こうとする命を 淡々と

 

 

無理やり この世に繋(つな)ぎとめている・・・

 

 

 

 

生きる喜びも 幸せも 輝きも見いだせず

 

 

死ぬ事の出来ない苦しみだけが 貴女を見ていて伝わってくる・・・

 

 

 

「そろそろ帰るね・・・。又 会いに来るからね・・・。」

 

 

 

眠る貴女の耳元で 貴女の心に届けと願って別れを告げた時

 

 

 

貴女の目が 微(かす)かに開いた!

 

 

 

やっとの思いで 眠りの国から帰ろうとするように

 

 

その瞼(まぶた)に 精一杯の力を込めて 薄っすら目を開け

 

 

一生懸命 動かぬ頭を擡(もた)げようとする!

 

 

 

 

そして・・・微(かす)かに呟く声が聞こえた・・・

 

 

貴女らしい 優しい言葉が・・・

 

 

「キヲ・・・ツケテ カエッテ・・ネ・・・ キヲツケテ・・・カエッテ・・・」

 

 

 

 

動かない身体で私の方へ 頭を擡(もた)げようとしながら

 

 

何度も 何度も そう呟く貴女・・・

 

 

滅びゆく肉体の中でも 貴女の心は生きている!

 

 

貴女らしい魂は 失われていない!

 

 

どんなに 肉体は ボロボロになろうとも

 

 

最後の最後まで やっぱり貴女は貴女なんだ・・・と

 

 

貴女の 精一杯の気遣いに そう 思った・・・

 

 

 

冬雀(ふゆすずめ)

「冬雀(ふゆすずめ)」

 

冬雀、群れ

 

 

立春の 全てが凍てつく 吹雪の中で

 

 

イチイの枝の 茂みの中に

 

 

小さな身体を潜(ひそ)めて耐える 冬の雀よ・・・

 

 

 

雀よ 雀・・・

 

 

吹き付ける雪は さぞ冷たかろう・・・

 

 

 

その 小さな身体を膨らませ

 

 

 凍(こご)える夜を 何処で凌(しの)いで いるのだろうか・・・

 

 

 

雀よ 雀・・・

 

 

寒い寒い 長い冬・・・

 

 

小さな命が 群れて 寄り添い

 

 

 

健気(けなげ)に生きる姿の いじらしき事・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

臨界点

「臨界点」

冬の夕日、銀世界

 

願う・・・

 

 

いつの日も いつの日も・・・

 

 

その願いに恋焦がれ 願いに向かって 努力する・・・

 

 

 

心が・・・ そうせずにいられないから・・・

 

 

 

心が・・・ どうしようもなく求めてしまうから・・・

 

 

 

だから その願いに向かって 生きる・・・

 

 

 

流れる時の中を 彷徨(さまよ)いながら

 

 

叶わぬ願いの種火を 心の内に 切なく 燻(くす)ぶらせて・・・

 

 

 

 

やがて ある時・・・

 

 

願い続けたその強い想いは 大きなエネルギーの塊(かたまり)になって

 

 

 

膨らみ過ぎた風船のように 臨界を超えるだろう・・・

 

 

 

風船が どんどん どんどん 膨らんで

 

 

膨らみ過ぎて ある瞬間に機を熟し 激しく破裂するように

 

 

長い年月 発し続けた願いのエネルギーも

 

 

ある日突然 臨界点を越えて 溢れ出るかも知れない・・・

 

 

 

 

願いは 電気のように 目に見えないエネルギーだと思う・・・

 

 

 

願いは 人の想い・・・

 

 

 

だから 人の想いの蓄積が 願う心に相応の エネルギー体となって

 

 

 

人生を左右しているのかも知れないと ふと思う・・・

 

 

 

臨界点を 超える度に・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あの赤い橋を渡れば・・・

「あの赤い橋を渡れば・・・」

 

赤い橋

 

在るところに・・・

 

 

 

町と里を隔てる 大きな川に架かった 一本の赤い橋がありました・・・

 

 

 

 

その赤い橋を 町から里へと渡った先に

 

 

 

 

一人の老婆の古びた家がありました・・・

 

 

 

 

老婆はいつも その赤い橋を渡り切って 里へと入った瞬間に

 

 

 

まるで次元を超えているような 不思議な気持ちになりました・・・

 

 

 

 

あの 赤い橋を 渡り切った瞬間に

 

 

 

里を守る精霊の 清涼なる懐かしい息吹が 満ちる・・・

 

 

 

 

鳥達が 澄みきった空(くう)を 活発に飛び交い

 

 

 

地を覆う緑は色濃く風に揺れ それぞれの花を 力強く咲かせている・・・

 

 

 

そして 虫達は 笛のような歌を奏でて 一生懸命 恋の相手を呼んでいる・・・

 

 

 

 

あの赤い橋を渡れば 老婆はいつも 次元を超えて

 

 

 

違う世界へ 入り込んだ気がするのです・・・

 

 

 

 

 

そこは 沢山の生命の息吹と 騒めきに満ちて

 

 

 

何だか とても昔懐かしく 心地良い・・・

 

 

 

 

老婆は いつも そう感じて 大きく息を吸い込むのです・・・

 

 

 

 

まるで 生命の息吹を 老いた身体に取り戻そうと するかように・・・

 

 

 

 

 

そうして老婆の心に 遠い昔の心根が 蘇ってくるのです・・

 

 

 

 

あの赤い橋は 遠く 懐かしい 異次元への入り口・・・

 

 

 

 

あの赤い橋を渡った先に

 

 

 

 

子供のような心根で

 

 

 

 

一人の老婆が 精霊たちと共に 生きている・・・

 

 

 

 

嬉々として・・・