汗… 水のサイクル

 

晩夏…

 

 

真夏の名残の蒸し暑さが これでもかと押し寄せる

 

 

汗が身体じゅうの毛穴から次々と噴き出して

 

 

見る間に皮膚一面が 汗の小さな水玉で覆われる

 

 

何度も何度も流れる汗をタオルで拭き取る

 

 

汗…

 

 

この流れる汗も 命を生かす為の水のサイクル

 

 

身体から滲み出た水分は やがて蒸発し空気の中へ姿を隠す

 

 

高い湿度の中には沢山の人の汗も含まれているのではないかと ふと思う

 

 

海も川も 山も大地も

 

 

人と同じように汗をかき

 

 

それが蒸発して時には霧になるんだと 又 ふと思う

 

 

生きとし生けるもの全てが 汗をかいている

 

 

その全ての汗が空気の中へ姿を隠し

 

 

雲となり

 

 

雨となり

 

 

大地深く染み渡り

 

 

永い 永い 年月をかけて再び

 

 

水として その本体を現し

 

 

全ての命を生かしめている

 

 

連綿と繰り返される水の輪廻の中で 命は生かされている

 

 

この地球という 壮大な宇宙にポッカリ浮かんだ

 

 

小さな泡(あぶく)みたいな星の中で

 

 

繰り返される水のサイクル…

 

 

晩夏の蒸し暑さの中で仕事をしながら

 

 

噴き出す汗に ふと思った取り留めのない呟き…

 

 

それにしても 暑いね…

 

 

 

 

 

 

 

読んで下さって有難うございます。

ランキングに参加してます。クリック宜しくお願いします。

にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ

詩 人気ブログランキング

花咲 手毬

投稿者: 花咲 手毬

ご訪問、有難うございます。見て頂けて、嬉しいです。 私の咲かせた言葉の花が、誰かの心に届きますように…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です