笑顔の誓い

 

氷柱

 

今は苦しみの季節の中に居るのかも知れない

 

 

それでも繰り返される暮らしの中で

 

 

今日も笑顔の時間があった

 

 

真っすぐな明るい笑顔を向けてくれた人が居た

 

 

心を暗闇に閉じ込め続けてはいけない

 

 

心を自ら凍らせ続けてはいけない

 

 

笑顔は暖かい春の陽射しと同じ

 

 

明るい陽射しが真っすぐに心の中へ差し込んだなら

 

 

顔をあげて その光を受けよう

 

 

氷柱が春の陽射しの温もりに煌めきながら

 

 

ポタポタと一滴(ひとしずく)ずつ融けてゆくように

 

 

凍り付いた心も少しづつ少しづつ

 

 

自分らしさを取り戻して行く

 

 

季節に四季があるように

 

 

人生も色んな事があるけれど

 

 

ささやかな日々の暮らしの中でも

 

 

笑顔を交し合えたならば心に温もりは届く

 

 

笑顔だけは絶やさず生きよう

 

 

笑顔は陽ざしのように周りを照らし

 

 

自らの心までも温めて

 

 

季節の寒さも癒してくれる

 

 

だから私も笑顔を返そう

 

 

巡り来る人生の四季の中

 

 

主役は私なのだから

 

 

だったら私も笑顔で生きる事を誓おう

 

 

 

 

 

 

 

 

読んで下さって有難うございます。

ランキングに参加してます。クリック宜しくお願いします。

にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ詩 人気ブログランキング

花咲 手毬

投稿者: 花咲 手毬

ご訪問、有難うございます。見て頂けて、嬉しいです。 私の咲かせた言葉の花が、誰かの心に届きますように…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です